SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

unspecified3

大学に通うことに価値を見出せず退学、その後はひきこもり生活をしていた白鳥さん。友人の誘いをきっかけに思い切ってフィリピン留学へ。今回は、留学時の心情や過ごし方をお伺いしました。

白鳥史記さん
大学を中退後、5年間引きこもりをしていたが友人の誘いをきっかけにフィリピン留学へ。フィリピンのあとはオーストラリアへ行く予定。

満足度
留学期間 11週間
英語力 初心者

フィリピン留学するまでは5年間ニートをしていた

unspecified1
— はじめに、フィリピン留学をされるキッカケをお伺いしたいと思います。

はい、ぼくはブライチャースタッフの松田くんと友達でして、彼に声をかけてもらったことがキッカケです。松田くんは高校からの友人で、彼の言うことなら間違いないなと、留学をすることを決意しました。

— お友達がキッカケなのですね。フィリピン留学のことは、もともとご存知でしたか?

友人から聞いてはじめて知りました。そのあと軽く調べましたけど、未知の世界でした。海外に行くことは結構面白そうだと感じました。でも、実はそれまではニートをしていました。

— えっ、ニートだったんですね。
はい、5年ほど。それまでは大学に通っていたのですが、辞めました。このまま学校の課題をこなして卒業して、働くことを想像したときに「あまりやりたくない」と思ってしまって。

— そういった事情があったのですね。その時の気持ちっていうのは、結構重々しいのでしょうか。ちなみにニート期間の5年は何をされていたのでしょう?

気持ちは、そんなに重々しくはなかったですね。「やりたくないことはやらなくていい」と思っていて。ニート期間はほぼゲームをして過ごしていました。

— なるほど。たくさんの種類のゲームをされたのですか?例えばオンラインとか、ぼくはゲームあまり詳しくないのですが。

長期間やったものは、オンラインが多いですかね。タイトルを挙げると、ハースストーンとかマビノギ英雄伝とかですね。ハースストーンはカードゲーム、マビノギ英雄伝はアクションロールプレイングですね。

— ゲームをしてる時は先のことを考えたりはしていましたか?在学中は、「通っている意味があまりない」と考えて退学されたわけですよね。ひきこもっていることに対しての葛藤などはありましたか。

葛藤ですか…。確かに人とはだいぶ違う道ですから、そこに対して考えることはありました。簡単に言うと、僕は自分のことをおかしい人間じゃないかと思っていました。感覚が違いすぎるかな、と。ぼくの周りにはニートの人は全くいないので。

初めての海外。タクシーの対応に衝撃を受ける

unspecified2
— 人とは感覚が違うなと感じていたのですね。海外に来ると、なおさら実感されそうですね。実際にフィリピンに訪れた感想をお伺いしてもよろしいでしょうか。

海外出たことがなかったので。やっぱり怖かったです。極端な言い方をすると犯罪者の巣窟みたいなものをイメージをしていました。実際は割と安全で、拍子抜けしてしまいました。

— なるほど、それは怖くて仕方がありませんね笑。実際に暮らしてみて、安心されたみたいですね。ちなみに、カルチャーショックを受けられたことはありますか。
到着していきなり、イリーガルなタクシーにあったことですね。友達とふたりだったのですが勧誘がすごくて、そのまま乗せられたんですよ。

— 確かにあれはしつこいですね。

乗ってみたらメーターが隠されてて友達が何回か文句をいったらやっとメーター動かしてくれました。でもメーターにも細工がされていて、最終的に26000ペソに跳ね上がりました。

— えええ笑 それはやりすぎですね。
26000ペソ(約6万5000円)も現金で持ってるわけなくて。友達が助けてくれて、最終的には200ペソ程度に落ち着きました。

留学中の英語学習。慣れない英語の勉強は大変だった

unspecified5
— それは災難でしたね。無事に落ち着いてなによりです。留学期間中は、どういった勉強をされたのでしょうかか。

勉強は、主に授業と宿題とをしていました。英語に触れない生活をしていましたから、慣れない文章を読むのは大変でした。

— 留学されてからはどれぐらいの期間経過されのでしょう。

12週間。もう今週で終わりです。受験勉強はけっこうしていたのですが完全に忘れてしまっていて、文法はかろうじて残っているかなという感覚でした。

— 留学期間中、大変だったことは何でしょうか。

やっぱり勉強ですね。宿題自体は「出来なくはないな」と感じる量で、あとは自分がどれだけ怠けないでやれるかという感じでした。集中力があまり持たなくて。

— 勉強が大変だったのですね。英語の勉強も、ゲーム感覚で進めたりされるのでしょうか。

ゲーム感覚だったら楽しいですよね。ゲーム感覚で進めることはできませんでした笑 ごく普通の勉強でしたね。

最初は、who wasシリーズ(偉人のエピソードが描かれている小・中学生向けの本)とかを読みました。スティーブ・ジョブズは、風呂に入らないから臭かったという話は面白かったです。

— もしかしたら、お風呂に入らなかったらジョブズになれるかもしれませんね。

可能性があがるかもしれませんね、1ミリくらい笑

留学で成長を実感。周りの人々から「伸びてるね!」と言われるように

unspecified4
— 特に楽しかった、もしくは役に立ってると感じる授業は何でしょう。

楽しかったのは、何人かで話す時ですね。授業中のディスカッションは、結構盛り上がりますよ。シチュエーションは結構自由で、例えば学校で行事をやるから、それに反対か賛成かとか。話の流れ次第でどうにでも転がっていく感じが面白かったです。

文化祭やりたい、お化け屋敷やりたい、と言って、反対だ、なぜなら、など意見を言い合います。

— 何か役柄を演じたりされるのでしょうか。

それもありました。シチュエーションを設定して、それに準じて話す形式ですね。

— 複数人でのディスカッションもできるのですね。卒業直前の現在、伸びた実感はありますか。

胸を張って言えるほどは伸びたと思ってないです。ありがたいことに先生や他の生徒さんたちからは「伸びてるよ!」と評価してもらっています。過剰評価されてる感じもありますが、ポジティブに受け止めています。

卒業後はオーストラリアへ2カ国留学

unspecified7
— では今回の留学の満足度をお伺いしたいと思います。例えば星5つでいうとしたら。

何に対する星なんですかね。

— 12週間の留学生活を過ごされての充実感です。

充実感。3だと普通ですから、4ですね。英語がいくらか伸びたので、その点は多少自信がつきました。一方でなまけてた部分もあったので、4としました。

— 怠けを感じた瞬間があったのですね。

毎日感じていますよ。「プツッ」と、いちど途切れるとなかなか集中できなくて。ダラダラと過ごしてしまうことがあります。

— ゲームをされるのですか。

それが、こっち来てから逆に全然やってなくて。割といけてます。英語のゲームを使って単語を覚えたりはしています。

— 卒業後の予定はお決まりですか。

具体的には決まっていませんが、他の国に行ってみたいと思っています。ワーキングホリデーを利用して、オーストラリアに行く可能性が高いですね。

— オーストラリアではまた英語の勉強をされるのでしょうか。

そうかもしれません。僕の中ではまだまだ出来てないと思っているので。

— 5年間ニートをしていたのに、すごいギャップですよね。自分の中で「これが変わった」というものはありますか。

友達がいたから多少の安心感があったかもしれません。海外に飛び出てみたら、どうにかうまく転がるだろうという感じでここにきました。そんなに深くは考えてないです。

— 思ったよりも軽快に飛び出たのですね。あちこち飛びまわるには結構なエネルギーがいると思いますが。突然エネルギーが沸いてきたのでしょうか。

あ、今回の留学に関しては「面白そうだな」という感覚はありましたよ。ちなみにまだ、オーストラリアへの航空券は買っていませんが。

— そうなのですね。このあとすぐに購入されてみてはいかがでしょう笑

それも面白いかもしれませんね。行動をせざるを得なくなれば、なんとか転がるでしょうから。

インタビュー後記

unspecified6
インタビュー後、松田さんにお話を伺ったところ「フィリピンという土地で彼が生活しているだけで感無量です」とおっしゃっていました。インタビュー中はとても流暢に話されていて「面白そう」と感じたら飛び込む軽快さを感じました。

ちなみに現在は、実際にオーストラリアに行かれているそうです。ブライチャーが気になった方は下記記事もあわせてご覧ください。

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧