SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

バギオのベテラン英語講師が自分で新たに語学学校を建てた理由

アットホームな環境で明るく、元気に、かつストイックに英語が学べるブライト・ディメンションズ。今回は校長であり、講師でもあるJoyceさんに学校の方針や自らの英語教育に対する想いを伺いました。

案内人:Joyceさん
元銀行員、ハードなトレーニングを経て講師に転身。バギオの語学学校で10年以上トップ講師として活躍後、ブライト・ディメンションズを開校。現在も講師を続けながら講師の育成にも尽力している。

 

留学の価格やコースはエージェントサイトから
By フィルポータル編集部
留学費用やコースを調べてみる

*英語対談を翻訳・編集しました。

銀行員から講師へ。天職との出会い

銀行員から講師へ。天職との出会い
— よろしくお願いします。ブライト・ディメンションズを開校するまではどんなことをされていましたか?

大学ではエンジニアリングを専攻して、卒業後は銀行で2年間働いていました。大学在学中にESL(第二言語としての英語学習)講師をしていたのが英語教育との出会いです。

— そこで英語を教えるという立場に初めて触れたわけですね。卒業後就職した銀行は2年で退職されたんですね。

2006年に英語学校を開校したいという韓国人女性に出会ったからです。彼女に英語能力を見込まれて、先生になってくれと頼まれました。それまでの学歴もその時の職場も順風満帆だった私には大きなチャレンジでしたが、その韓国人女性の誘いに乗ってみることにしたんです。

— なるほど。そこで正式に英語講師としての道のりを歩み出されたんですね。今のJoyceさんに繋がる大きな決断ですね。

天職だったようで、そこで先生から主任になりマネージャーになり最終的には韓国人女性とともにアカデミーの総責任者となりました。この道を選んで10年が経っていました。

パートナーとの突然の別れ

パートナーとの突然の別れ
— すごいですね!総責任者まで上り詰めたんですね。なぜそこから新たに学校を開校することになったんですか?

韓国人のパートナーが旦那さんの病気のため、帰国しなければならなくなったらです。そこで、私はみずから学校を設立することに決めました。

— 突然の出来事だったんですね。次の仕事を探そうとかは考えなかったんですか?

講師や英語教育はすでに私の一部になっていましたから。この仕事がきっと大好きなんだと思います。

— 素敵です。好きな理由があれば教えてください。

違う国の生徒に英語を教える中で、私も彼らから学ぶことが非常に多いからです。もう一つは、世界で最も重要な言語を生徒が理解し、彼らの世界が広がることが自分のことのように嬉しいと思うからです。

ブライト・ディメンションズ現状の武器と課題

ブライト・ディメンションズ現状の武器と課題
— では、そのような経緯を経て開校されたブライト・ディメンションズについてお聞きします。Joyceさんから見みた特徴はありますか?

フィリピンでは先生の労働環境やクオリティについて問題のある学校も少なくありません。ここではその点を自身の現場経験を生かしながら、きちんと改善することが質の高い講師の育成や雇用につながり、ひいては学生たちのメリットに繋がっています。講師や授業の質が英語学校の何よりのポイントだと思うからです。

— 間違いないです。現場目線を持って経営することができるのはJoyceさんの経歴ならではの強みですね。運営する中で大変なことはありますか?

やはり、マーケティングや宣伝などの活動です。

— そこがどうしても大きな障壁ですよね。

そこを強くしていきたいと思っています。物価の安さや歴史背景から英語のクオリティの高さ(1900年にアジアで唯一アメリカの軍事拠点だった)などバギオという都市自体の魅力は十分なので、あとはプラスで何を学校が用意できて、どうやってそれを伝えるかということだけなので。

アットホームで生徒と一緒に作っていく学校に

アットホームで生徒と一緒に作っていく学校に
— これからのビジョンについてお聞かせください。

まだまだ始まったばかりなので、今の私たちならではのアットホームな空気はそのままに、来てくれる生徒さんたちと良い風土や雰囲気を作っていけたらなと思います。

— そういったところは設備や収容力ではごまかしのきかない部分ですよね。一朝一夕で作れるものでもないですし。Joyceさん個人としてはどうでしょう。

講師としてもまだまだ現役なので、常に向上心を持ち続けて経営者としてはこの学校をフィリピン人ということや現役講師ということなど特色を生かして唯一無二のものにしていけたらなと思います。

— ありがとうございました。では、最後にこれからバギオに来る生徒やブライト・ディメンションズに興味をもっている日本の方々に何かありますか。

もちろん英語ファーストではありますが、関わっていく中で文化や異なる考えへの相互理解や楽しいことや美味しいもの食べる時間を共有することをとても楽しみにバギオでお待ちしています。

ブライト・ディメンションズの徹底取材記事はこちら

インタビュー後記

インタビュー後記
英語教育への情熱と生徒と先生のことを慮る、熱くて優しい人物像の中にブライト・ディメンションズの哲学や環境の良さをうかがい知ることができました。
ブライト・ディメンションズでは現場に主眼を置いた経営がなされています。英語をマスターするとともに、アットホームな環境の中に自分の第二の故郷を見つけられるかもしれません。

ブライト・ディメンションズについて気になる方はこちらからご相談ください!
留学カウンセラーに相談してみる

学生時代から関わりのあるフィリピンにて、肩書きのない個人として様々なことに挑戦する中で、このフィルポータルでも企画編集執筆に携わらせてもらっています。旅と自然と言葉とバスケが好きで福岡→京都→東京を経て、フィリピンに流れ着きました。水のような風のような人生です。「何か一緒にしたいな」というご依頼も、お待ちしておりますので何でもご相談ください。Twitter

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧