SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

ボタニカルガーデン

標高1500メートルに位置するバギオには多くの教育機関が集中していることもあって学生の活気に溢れた街となっています。そんな彼らが公園で青春を謳歌する光景もここでは珍しくありません。

バギオにはいくつか大きな公園がありますが、緑と植物という点ではボタニカルガーデンに勝るスポットはないでしょう。さらにここにはかつて日本軍によって掘られた防空壕もあります。

気になるボタニカルガーデンをご紹介します。

ボタニカルガーデンの場所・行き方

ボタニカルガーデンの場所・行き方
市内中心部セッションロード周辺からタクシーで約15分ほど。ライトパークやマインズビューパークへと向かうレオナルド・ウッド・ロード沿いにあります。タクシー運転手には「ボタニカルガーデン」で通じます。

 

ボタニカルガーデンの場所・行き方
通り沿いの入り口付近にはイゴロット族の年配の女性たちが談笑しています。1人10ペソで記念撮影をすることができます。

ボタニカルガーデンの雰囲気

ボタニカルガーデンは緑溢れるバギオ市の中でも特に美しい植物が集められた庭園です。公園内にはイゴロット族の像をはじめ、アジア各国を模した庭園や東屋が建てられています。

美しい庭園

ボタニカルガーデンの雰囲気

ボタニカルガーデンの雰囲気

ボタニカルガーデンの雰囲気
整備された道に沿って歩きつつ緑と戯れることができます。公園内には旅行者やカップルが思い思いの時間を過ごしています。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
公園は丘がちなバギオの地形をそのまま利用して造られているため階段が多めです。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
物憂げなバギオの長い雨季にもボタニカルガーデンの散策はオススメです。ひんやりとした空気が気持ち良い。

モニュメント

ボタニカルガーデンの雰囲気
こちらはイゴロット族のモニュメント。たくましい筋骨に腰に据えた剣が迫力を醸し出しています。実はこのイゴロット族はかつて首狩り族として知られていました。しかしスペイン・アメリカ統治で完全にその風習は統制されました。ちなみに「イゴロット」という呼び方はスペイン人が平地民族と区別するために山岳民族に用いた蔑称だったと言われています。

中国風の東屋

ボタニカルガーデンの雰囲気

ボタニカルガーデンの雰囲気
緑色の園内において赤い東屋は目を引きます。赤い東屋には「CHINA」と書かれています。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
実はバギオ市は中国の杭州市と姉妹都市の関係にあり、この東屋はその証のようです。

韓国風の東屋

ボタニカルガーデンの雰囲気
こちらは韓国風の東屋。森の中にハングル文字の看板が立っています。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
賑やかな東屋。なにやら奇抜な格好をした人の姿が…。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
ノリノリで写真に応じてくれました。公園内を舞台に撮影をしているのだそう。

日本の鳥居・地蔵

韓国風東屋をさらに山の斜面に向かって進むと見慣れたあるものが見えてきました。

ボタニカルガーデンの雰囲気
鳥居です。さらに鳥居に至る階段の両側には無数の地蔵が建てられていました。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
石ではありませんが、紛れもなく地蔵の姿です。

 

ボタニカルガーデンの雰囲気
他にも日本様式の橋がかかっていたりします。

バギオには防空壕がある?!

バギオには防空壕がある?!
穏やかな空気の漂うボタニカルガーデンの一画、赤い鳥居付近にはかつて日本軍によって掘られた防空壕があります。バギオは戦時中激戦地であったこともよく知られています。

 

バギオには防空壕がある?!
第2次世界大戦中には日本軍の野戦病院として利用されていたというこの防空壕に実際に入ることができます。山の斜面にある小さな入り口からは想像もつかないほど奥深く、いくつも小さな部屋のようなスペースが見られます。

 

バギオには防空壕がある?!
防空壕の中には照明が随所に設置されています。

まとめ:溢れる緑と知られざる歴史を感じよう

まとめ
アクセス良好ながら市街地の喧騒ともかけ離れ、穏やかな空気が漂うボタニカルガーデン。東屋の下で談笑するフィリピンの人々の姿と、防空壕で感じる祖先の歴史。リラックスした庭園の雰囲気と歴史を知る場としての機能を果たすボタニカルガーデンには一度足を運んでみる価値ありだと思います。

雨が上がったら、今日はボタニカルガーデンに行こう。

ボタニカルガーデンの基本情報

英語名 Baguio Botanical Garden
入場料 無料
定休日 なし
住所 Leonard Wood Rd、Baguio、Benguet
公式サイト ボタニカルガーデン

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧