SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

バギオといえば、「スパルタ留学発祥の地」として知られています。そんなバギオで英語を学ぼうと今日多くの人がこの街にやってきます。しかし実際のところ「初心者なのにスパルタって不安…」と思われている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな皆様に向けて、バギオにある初心者におすすめの学校3校を厳選してご紹介します。TOEICやIELTSではなく、基礎的な英語力向上を目的としたESLコースとなりますのでご了承ください。

スパルタ留学のバギオ…初心者でも大丈夫?

スパルタ留学のバギオ…初心者でも大丈夫?
「スパルタ」と「初心者」の関係については様々な意見があります。何もわからないからこそ、最初は徹底的にスパルタ式で基礎を叩き込むという意見。対して、初心者は何が課題なのかもわからないことが多いという意見もあります。

個人的にはどちらも正解だなと思います。というのも初心者は一概に「初心者」と一括りにできるものではなく、その中にもいくつものタイプがあるからです。

そこで今回は様々な初心者がいることを前提に、タイプ別におすすめできるバギオの初心者対応校について紹介していきます。

バギオのおすすめ初心者校3選

自分の弱みを把握し、提案力のある初心者:JIC IBキャンパス

バギオにある『JICのIBキャンパス』で体験授業を受けてきた【動画有】
1ヶ月の留学費
12.5万円〜

初心者におすすめな理由
市街地とも距離をおいた閑静な立地にあるスパルタ式語学学校。平日外出禁止・母国語禁止制度はもちろん、毎日強制自習や単語テストが行われます。初心者とはいえ、英語を使うしかない環境に身を置くことになるので圧倒的に英語に触れる時間が長くなります。日本人比率がわずか10%というのも特徴です。

ネイティブ講師も在籍しており、その他講師の勤続年数も長いのが特徴。授業は1コマ100分(途中休憩あり)で設定されているため、より先生との疎通が取りやすくなっています。綺麗な寮も好評です。事前学習で無料オンライン英会話の受講が可能なのもJICならではの施策ではないでしょうか。

取材の印象
とにかく日本人比率が少なく、授業・テスト・規則などハードな印象を受けました。ただしピリピリとした印象ではなく、生徒が前のめりに留学生活に没頭されているように見えました。日本人マネージャーの光本さん曰く、どんどん授業の主導権を握って自分から授業の形を変えていってほしいとのことでした。

頑張ったという実感を自信に変えたい初心者:TALK Yangcoセンター

TALK Yangcoセンター
1ヶ月の留学費
11.9万円〜

初心者におすすめな理由
TALKというとTOEICコースで有名ですが、ESLに特化したYangcoセンターでは、英語初心者向けに朝から晩までみっちりと授業スケジュールが組まれています。

8:00~22:00の食事時間以外は母国語禁止制が取られています。ただでさえ、日本人比率が約1割と非常に低く、英語を話すにはこの上ない環境です。ネイティブ講師も3名在籍しているため、英語学習序盤で本場の英語にも触れることができます。

またTALK Yangcoセンターでは任意(最初の4週間は強制)で単語テスト・ナイトクラスを受講することができます。特にナイトクラスでは5つの科目から自分の弱点や伸ばしたい部分についてのクラスを選択できるようになっており、人気を集めています。

取材の印象
朝から晩までびっしりと授業をこなすためか、朝食をとらずに、睡眠時間に充てる生徒が多いことがとても印象的でした。他の学校よりも積極的に他国籍の生徒とコミュニケーションを図っている日本人生徒の姿がよく見られました。また、入学前から最低限覚えてくるべき文法についてなどの解説が提供されるため、初心者に親切だと感じました。

何がわからないのかもわからない初心者:A&J

講師・授業
1ヶ月の留学費
1,200$(約12.2万)〜

初心者におすすめな理由
A&Jはワーキングホリデー準備コースで注目を集める学校ですが、実は“日本人”初心者にとって最適な英語学習環境でもあります。カリキュラムとは別に日本人マネージャー田島さんが実施しているカウンセリングやコーチングによって、生徒は自分でも気付けなかった課題を見つけることができます。

留学生活では、自分ならではの課題と向き合い、かっちりとしたカリキュラムにとらわれることなく、いわばオーダーメイドのように相談の上授業を決めていきます。夜には日本人生徒向けにジャパニーズクラスが開かれ、フィリピン人講師では決して教えられない英語学習の落とし穴について解説されています。手厚いサポートをしてくれるメンターが必要な方、何がわからないのかがわからない超初心者の方におすすめします。

取材の印象
セミスパルタ制で平日も外出することが可能ながら、平日・休日問わず意欲的に勉強に励んでいる生徒の姿が印象的でした。また日本人マネージャー田島さんの定義する「初心者の3定義」がとても印象的でした。1つ目はもちろん英語の初心者。2つ目は海外の初心者。そして3つ目はそもそも勉強の初心者です。詳細は以下徹底取材記事にて紹介させていただいています。

まとめ

まとめ
以上タイプ別のおすすめ校を見ていただければおわかりいただけるかと思いますが、「初心者向き」とは言っても各校でコンセプトは少しずつ変わってきます。まずは自分の性質をしっかり理解して、失敗しない留学生活にしましょう。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧