SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

ショッピングモールで買い物をしていると、「なんかお腹すいてきた」となるときはありませんか?今回紹介するお店「My Greek Taverna」は、そんなときにオススメです。

「手軽にサクッと、でも美味しいものが食べたい」というわがままを満足させてくれます。

My Greek Tavernaの場所・行き方

IMG_1208
My Greek Tavernaはアヤラモール内にあるフードコートエリアにあります。フードコートは、メトロデパートという施設の最上階にあります。

案内所の方、もしくは通行人に「メトロデパート」もしくは「フードコート」と尋ねれば到着できるかと思います。フードコートは、日本でいうイオンモールのような雰囲気。

My Greek Tavernaのメニュー

IMG_1160
tavernaはギリシャ料理のお店で、メインはケバブとなっています。その他にはサラダ、ポテトなどが食べられます。ケバブと聞くとトルコなんかをイメージしますが、ギリシャでもケバブを食するのでしょうか。

 

IMG_1163
フィリピンはそのあたりが結構ガサツなので、ここの料理がギリシャ料理か否かは定かではありません。Doner Kebab(ドネル・ケバブ)、Rice Kebab(ライス・ケバブ)、Kapsalon(※大変申し訳ございませんが、読み方がわかりませんでした)がここの一押しメニューです。

ただしラージサイズを頼むと185ペソ(約500円)になるのでご注意ください。

My Greek Tavernaのケバブを食べる

IMG_1167
Doner Kebab(ドネル・ケバブ)、Rice Kebab(ライス・ケバブ)、Kapsalonをいただきました。受け渡しの際に、お好みでホットソース(辛いソース)をかけてくれます。

 

IMG_1185-2
こちらがRice Kebab(ライス・ケバブ)。

 

IMG_1182
こちらがKapsalon(※メニューの見た目とは異なりますが、中身はメニュー通りでした)

 

IMG_1177
そしてこちらがDoner Kebab(ドネル・ケバブ)。
※撮影を待ちきれずに食べてしまいました。

ケバブといえば、日本のお祭りでよく見かけますね。外国人のお兄さんが「ラッシャイラッシャイ!」なんて言いながら出店で販売している光景を思い出します。

近頃は行かなくなってしまいましたが、小さい頃はお小遣いを握りしめて祭りに出かけることが、夏の楽しみでした。お金は限られていますから、なにを食べるのか、なにをして遊ぶのかを子供ながらに厳選します。

綿あめか、りんご飴か、チョコバナナか。あたりくじを引く、射的をするのも捨てがたい。うーむ、どれにしよう、なんて迷いながら「これ!」と決めて楽しく遊ぶ。

話が脱線してきたのでスキップボタンを設置しました
By フィルポータル編集部
ここで長文をスキップ!

なかでもぼくが好きだったのは「型抜き」。縦2センチ×横3センチくらいの大きさの、粉菓子を圧縮したような板(厚さは1mmくらい)に絵が描かれていて、画鋲なんかを使ってそれ通りにくり抜くというもの。確か、200円で3枚遊べるんだったかな。

最後までくり抜けたら100円とか200円が手に入る。難しいやつは2000円くらいもする。気持ちが焦ってちょっと力を入れすぎると、割れたり、かけてしまったり。

だから、地味にゴリゴリ擦って攻めるというのがぼくの攻略法だった。慣れてくると「ほぼ確実に成功する」という型がだいたいわかってきて、それに当たると400円くらいの儲けがでる。遊んだ上にお小遣いが増えるその遊びはぼくにとって最高の遊びだった。

難点は、友達とのペースが合わないこと。ぼくは確実に成功するようにじっくり攻めるから、その間に友達は飽きてしまう。だから、ほどほどに遊んでやめるということもあった。

これはやってはいけないが、ペットボトルを横に置き、水滴を針の先端につけて型をふやかしながらくり抜くという裏技もあった。しかし、バレた友達は的屋のおっちゃんにこっぴどく叱られるという。

たまにめちゃくちゃうまい大人がいて、子供とグルで儲けているという光景も目にしたことがある。子供がくりぬいた場合は判定が甘いからだ。大人がくり抜き、それを小さな子が「できた!」と言っておっちゃんの元へ持って行く。

「上手だね〜」なんて言われながら賞金をゲット。そして大人と山分け。かなり前の記憶なので定かではないが、たしかこんな感じだ。

そんな思い出にふけっていたらいつのまにかケバブを食べ終わっていた。無意識のうちに昔にタイムスリップしてしまうような、なつかしい味だった。

ソースが激辛。水を飲む

ケバブのお味はとても美味しかったのですが、ホットソースが激辛でした。ソースをかけすぎてしまったときは水を飲みましょう。

IMG_1209
フードコート内にこのような設備があります。

 

IMG_1204
コップをとります。

 

IMG_1192
レバーを踏むと水がでてきます。

 

IMG_1196
ジャー。

相性が悪い場合はお腹を壊す可能性があるため、味・香りなどを確かめながら飲むことをオススメします。セブ島では飲み水を持ち歩くと良いでしょう。

まとめ:My Greek Tavernaはランチに最適!

Doner Kebab、Rice Kebab、Kapsalon、どれも満足の味でした!ホットソースが辛過ぎて、後半は味がわからなくなってしまったのが悔しいです。次回はホットソースをかけずに味わおうと思います。

辛いのが苦手な方は、ホットソースなしで食べると良いでしょう。激辛好きの方は限界に挑戦してみるのもいいかもしれません。その際は水の持参を忘れずに。

100ペソ以内で食べられて、美味しく、しかも早い。アヤラモールでサクッとランチを食べたいときにはMy Greek Tavernaへ行ってみてはいかがでしょうか。

My Greek Tavernaの基本情報

英語名 My Greek Taverna
住所 Cebu Business Park,Archbishop Reyes Avenue,Cebu City 6000,Metro Cebu
営業時間 日曜〜木曜:10:00〜21:00/金曜〜土曜:10:00〜10:00
定休日 なし
電話番号 032 518 1312
WiFi環境 なし
公式サイト My Greek Taverna

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧