SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

大学を卒業し、就職ではなくワーキングホリデーを決断した正徳さん。現状の英語力での海外渡航に不安を覚え、A&Jへの入学を決意しました。フィリピン生活で見えてきた課題や留学を経て実現したいワーキングホリデー以後についてご紹介します。

正徳仁美さん(22)
大学卒業後、就職ではなくワーキングホリデーを見据えてA&Jで語学学習することを決める。大学では国際協力について学び、将来的には青年海外協力隊にも興味。

留学先 A&J
満足度
留学期間 4ヶ月
英語力 一定以上

ワーキングホリデーを見据えてバギオに

ワーキングホリデーを見据えてバギオに
— 正徳さんはワーキングホリデーを見据えて留学されたと伺っていますが、バギオに決めたのにはどういった理由があったのでしょうか?

初めてエージェントに行ったときには、カナダへの留学・ワーキングホリデーを考えていました。でも実際に話を聞いてみると、今の自分の英語力でカナダに行って働くことに不安を感じてしまいました。そのとき、スパルタの環境で勉強したいならばフィリピンのバギオが良いと提案していただきましたね。

— なるほど。エージェントの助言がきっかけだったということですね。バギオ留学のどのような部分に魅力を感じましたか?

日本人比率が少ないところです。またアクティビティがあまりないことも私にはアドバンテージでした。土日も遊び過ぎることがないようにしたかったので。

— ストイックに勉強したいという心意気が伝わります。ではA&Jに決められた理由はどういったところだったのでしょうか?

ワーキングホリデー準備コースの存在ですね。A&Jでは事前にバギオにあるカフェで働く経験もできるので、ワーキングホリデーの準備であればここしかないと思いました。

— 実習はすでに始まっていますか?

まだです。私は4ヶ月の留学ですが、最後の1ヶ月にカフェでの研修があります。なので、今はそのカフェのメニューを覚えたり、ネイティブの先生にオーダーの取り方でロールプレイングをしてもらったりしている段階です。

目の前のことに集中する

目の前のことに集中する
— 現在留学して10週目と聞いております。留学前と現在で変化を感じることはありますか?

ストイックになったかなと感じるところはあります。

— ワーキングホリデー準備コースはびっしりとスケジュールが詰まっているコースなので、元々タフなのかなと思っていました。

全然そんなことありません。ゆるゆるで後回しにしてしまうタイプです。でも今は、目の前のことに集中して、留学期間も残り短いこともあって自分を追い込まなきゃ、という気持ちでいっぱいです。

— この後にワーキングホリデーが控えていますが、具体的な目標はありますか?

今の目標としては、お客さんとのコミュニケーションやお店の良い所を引き出せるような英語力を身に付けることです。

— 現状、その目標達成のためにはどんなことが課題かと思われますか?

スピーキングは好きなのですが、ライティングへの苦手意識が本当に抜けなくて。それを日本人マネージャー田島さんに相談したところ、「ライティングができないと、接客に必要な情報を正確かつ簡潔に、
論理的に伝えるコミュニケーションが取れない」とアドバイスされました。事実だなと痛感しています。履歴書を書く機会もあるので、今はライティングにも注力しています。

詰め込みすぎないのがコツ

詰め込みすぎないのがコツ
— 勉強を続ける中で、自分なりに工夫していることはありますか?

私の場合は、あまり詰め込みすぎないことですね。なるべく復習に重点を置いています。ワーキングホリデー準備コースがタイトなので、夜のオプションクラスは調整しながら参加したり、休んで復習の時間に充てたりしています。

— 宿題を含めて、授業以外ではどれくらい勉強されていますか?

2~3時間は授業以外でも勉強していますね。

将来は途上国で働きたい

将来は途上国で働きたい
— では、留学後のお話に移りたいと思います。ワーキングホリデーではどんな職種に挑戦したいとお考えですか?

学生時代にバーでアルバイトをしていたので、お酒や料理を提供できる環境で働きたいです。お酒にそこまで詳しいわけではないですが、作るのは好きです。

— なるほど。ワーキングホリデーの後、中長期的に英語を使っての人生プランや夢はありますか?

今のところですが、途上国に行きたいと思っています。大学時代には国際協力のことを勉強していて、カンボジアやフィリピンの子どもたちの支援についても学んでいたことがありました。なので、身に付けた英語を使って途上国で働けたらと思っています。青年海外協力隊にも、興味がありますね。

— 大学で学んだこととA&Jで勉強したことが結びつきそうですね。ではインタビューは以上となります。ありがとうございました。

インタビュー後記

インタビュー後記
正徳さん、インタビューにご回答いただきありがとうございました。ハードな留学と、その先にあるワーキングホリデー、さらには将来のビジョンについても語っていただきました。

A&Jのワーキングホリデー準備コースは座学での英語に留まらず、カフェでの実習までカリキュラムに含まれています。ワーキングホリデーをはじめ、海外で英語を使って活躍したいという方の最初の一歩におすすめできる環境です。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧