SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

ACR-Iカードは、Alien Certificate of Registration Identity card の略証で「外国人登録証」と呼ばれます。

ICチップが埋め込まれ、大きさはクレジットカードと同じでビザの種類ごとに色が異なります。観光ビザは「白」、留学生ビザは「アクアブルー」とされています。

有効期限は1年で、出国時には返却義務があります。
出展:ACR I-Card

ACR-Iカードの対象者

ACR-Iカードの対象者
フィリピン国内に、59日を超えて滞在する全ての外国人に申請が義務付けられています(観光・留学など滞在目的に関わらず申請をする必要があります)。

そのため、1週間〜2週間の短期留学であれば申請する必要はありません。留学期間が2ヶ月を超える方は申請が必要です。

8週間の留学はACR-Iカードは必要か?

8週間(56日)の場合、申請は不要です。ただし、フィリピン国内での滞在期間が59日を超える場合(卒業後にそのまま観光等の目的で滞在するなど)は申請が必要です。

ACR-Iカードの申請方法

ACR-Iカードの申請方法ACR-Iカードは、移民局(イミグレーションオフィス)にて申請が可能です。申請用紙2枚に必要事項を記入し、受付に提出します。申請の流れはビザの更新とほぼ同じで、最後に指紋の登録が加わります。

ビザ更新の方法は下記を参考にしてください。

必要なもの

  • 申請用紙2枚(チェックリストと申請フォーム)
  • 2インチ×2インチの証明写真

ACR-Iカードの申請は、2回目のビザ更新の申請と同時にする必要があります。申請用紙は移民局のHPにてダウンロードすることも可能です。

申請はほとんどの場合、語学学校が代行してくれます。申請してから発行までには、約1ヶ月かかり、郵送サービスはないため申請した場所に取りに行く必要があります。

申請用紙のダウンロードはこちら

ACR-Iカードの費用

ACR-Iカードの費用
ACR-Iカードの費用は50ドル+500ペソとなっています。日本円でいうと、2016年3月現在のレートで「約7000円」です。レートによって費用が変動するため、7000円〜8000円程度の費用を見積もるといいでしょう。

2ヶ月以上フィリピン留学をする方は、VISA代+外国人登録証(約7000円)の費用がかかるということです。

フィリピンは発展途上国ですが、2014年にARP 制度が導入されているように法律が整いはじめてきています。急なルール変更等、最新情報は常にアップデートしていきますので今後もご覧いただきますと幸いです。

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧