SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

オーストラリアへのワーキングホリデー後、もっと海外で人と深く話したいという想いを抱いた石川さん。机上での学びと実践することの違い、留学したことで目に見えた成長についてお話を伺いました。

石川美嘉さん(31歳)
オーストラリアへのワーキングホリデーを経験した後、さらに英語力を高めたいと思い3Dアカデミーへの留学を決意。学校を卒業した後も、再びオーストラリアへ向かう予定。

留学先 3Dアカデミー
満足度
留学期間 12週間
英語力 日常会話レベル

ワーホリ後にフィリピン留学!そこで直視する自分の実力

ワーホリ後にフィリピン留学!そこで直視する自分の実力
— 3Dアカデミーへ来る以前、ワーキングホリデーでオーストラリアにいたとお聞きしています。具体的にはどういったことをされていましたか?

オーストラリアでは最初の3ヶ月間は現地の語学学校に通って、それからはジャパニーズレストランで働いていました。

— なるほど。ちなみにワーキングホリデーに行く前の英語力は?

英語を聞き取る力はありました。でも、自分の言いたいことを正確に伝えられないというもどかしい感じでしたね。

— これまでにどこかで英語を本格的に勉強した経験はありましたか?

学校での授業くらいです。TOEICも3Dアカデミーに来て初めて受けました。

— ちなみに、その結果はどうでしたか?

最初はびっくりするぐらい低かったです。ある程度は理解できているつもりだったのですが、テストとなると全然違いました。日常で使う英語とテストのそれでは全然違うということをそのときに知ってとてもショックでしたね。

もっと深い話に入りたかった

もっと深い話に入りたかった
— 確かに、日常会話と試験用のアカデミックな英語は全然違いますからね。石川さんの中で、留学のきっかけとなった出来事はありますか?

オーストラリアでは一緒に働いている人が全員外国の方でした。仕事を通じて自然と仲良くなれました。

たくさん話もできましたが、もう一歩踏み込んだ話をしようとしたときに、会話に不都合を感じていました。そのときに、もっと深い話ができたらどんなに良いだろうと思ったので、オーストラリアから帰ったら留学しようと決めました。

— 英語を勉強したいと思えたきっかけがあるのはいいですね。では、3Dアカデミーに決めた理由はありますか?

エージェントにいくつか学校の候補を出していただいて、その中から自分に合う学校として3Dアカデミーに決めました。

— 決めるときに一番大切にしたことは何でしたか?

1人部屋が確保できるところでしたね笑。不便を感じないところが良いかと思って、立地条件も考慮した上でこちらにしました。ホテルステイで学校がモールに隣接しているので、とても便利でした。

毎日の試行錯誤、気づいたら伸びていた

毎日の試行錯誤、気づいたら伸びていた
— 3Dアカデミーに来る前の目標はありましたか?

英語をもっとスムーズに話せたら良いなと思ってきました。

— 12週間の留学で、残すところ1週間だそうですね。自分の中での目標達成度や、留学してみての成長は何か感じられていますか?

実感は、自分の中ではまだないです。ただ、2ヶ月目に行ったレベルチェックのテストで、最初の点数より上がっていました。その結果を見た時には、少しは変わることができたのかなと思いました。

— 中でも特に、自分の英語力に影響したかなと思える授業はありましたか?

ある先生の授業で教科書を使わずに、毎回その場でトピックを決める授業がありました。そのトピックに関してお互いの考えを交換するというスタイルです。

— 先生の話を聞いて理解できても、話すのが苦手だと苦労しそうですね。

はい。先生だけでなく、もちろん自分も話す必要があるので、できなかったこともたくさんありました。その失敗を踏まえて次の授業は「こうしよう」と毎回試行錯誤できたのは強く印象に残っています。

— 充実した留学生活を送られていますね。では留学前にこれはしてくれば良かったという後悔はありますか?

もっとボキャブラリーを増やしておけば良かったと思います。単語を知らないと、自分が今まで使っていた単語ばかり使ってしまいます。最初に覚えておけばもっとレパートリーを考えて授業で使えたかなと今は思っています。より留学を実践の場にすることができたかもしれません。

— 今後も英語学習を続けていく上で避けて通れない課題でもありますね。では、強いていえば3Dアカデミーにおける課題は何かありましたか?

正直、教室のある施設が少し古いかなという所ですね。時々停電することもあったりで……。また若い先生が多い分、「何が勉強したいの?」とこちら側に委ねられると少々難しいところがありましたね。それがわからなくて留学に来ている身だったので。

留学で英語学習を終わりにしない

留学で英語学習を終わりにしない
— なるほど。留学後の話をお聞きしたいのですが、卒業されてからの予定は決まっていますか?

一度日本に帰って、来年の頭にはまたオーストラリアに戻れたらなと思ってます。一応学生ビザで戻って、英語の勉強を続けて、ゆくゆくは現地で働きたいと考えています。

— なるほど。中長期的な話になりますが、オーストラリアでの生活を経た後のビジョンはありますか?

今のところないです。納得できるまで英語の勉強をして、そこから決められたらなと思います。

インタビュー後記

インタビュー後記
石川さん、ありがとうございました。
ワーキングホリデーで感じた「深い話に参加したい」という動機を持ってフィリピンに渡ってきた石川さん。課題点を把握し、引き続き英語学習を続けていこうという姿勢が感じられました。

英語初心者やワーキングホリデーを目指す留学生、逆にワーキングホリデー帰りの方もいらっしゃるので、学校と自分という関係だけでなく、周りの生徒との関わりから学べることも多いのではないでしょうか?

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧