SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

就活を通して英語力の必要性を実感。大学3年生のフィリピン留学体験談

就職活動を続けていく中で、英語の必要性を実感したという前田さん。将来海外で活躍するという夢を叶えるため、大学を1年間休学して本格的に英語の勉強をしたいと思ったそうです。

留学当初は英語力が伸びているのか焦りを感じていたが、徐々に英語を話せるようになった前田さんにお話を伺いました。

前田貴弘さん(21歳)
大学3年生。就職活動をするなかで英語の必要性を実感し、1年間の休学申請をして3Dアカデミーへ留学。留学後は語学学校でのインターンシップに挑戦予定。

留学先 3Dアカデミー
満足度
留学期間 3ヶ月
英語力 TOEIC 450点

留学のきっかけは就職活動

留学のきっかけは就職活動
— 英語学習を始めるようになったきっかけを教えていただけますか?

将来は日本だけでなくて世界中で働きたいという漠然とした夢があったこと、だんだんグローバル化していく中で、英語の必要性を日本にいても実感することから英語の勉強をしようと思いました。

— 英語の必要性をどういった場面で実感しましたか?

大学生活の中で必要性を実感することが多々ありました。英語の授業や、留学生の友達と話す時など、もっと英語を話せたらなと悔しい思いをしました。

しかし、1番英語の必要性を痛感したのは就職活動です。僕はいま大学3年生で、3Dアカデミーに来る前は就活を3ヶ月間ほどしていました。それまでは留学するつもりはありませんでした。

昨年の12月頃からずっと就活をしていて、海外で働くなら英語力は必要最低限で、その上で何ができるのか、ということが大切なんだと気づきました。将来は日本だけでなく世界で働きたかったので、英語を徹底して勉強するため留学を決意しました。

今年の3月に1年間の休学申請をし、2週間ほどで準備をしました。

先輩のアドバイスをもとにフィリピンを選択

先輩のアドバイスをもとにフィリピンを選択
— 留学先として、フィリピン以外の国は考えられましたか?

自然が好きなので、ニュージーランドやオーストラリア、カナダとかすごくいいなと思いましたが、金銭的に難しかったため、物価の安いフィリピンを選びました。

はじめは留学費用の安さからフィリピンを選びましたが、マンツーマン授業や、フィリピン人のフレンドリーなパーソナリティなど、留学経験のある先輩達からフィリピンの魅力を聞いて、よし行こうと決めました。

— フィリピン人は人がいいってよく聞きますね。海外の人をそんなに毛嫌いしていなというかとてもオープンな人が多い気がします。

それはすごく感じますね。全く知らない人なのに道で話しかけてくるんですよ。こういう誰に対してもオープンマインドでいく人柄はいいなと思います。

また、道を聞いたら親切に教えてくれたり、家に招いてご馳走してくれたり、温かい人柄にも感動しました。

— 海外は初めてですか?

中学の時にテニスで2週間ほどアメリカのマイアミに行ったことがあります。留学や勉強目的で海外に行くのは今回が初めてです。

留学2ヶ月目から少しずつ上達を実感

留学2ヶ月目から少しずつ上達を実感
— もともとの英語のレベルはどれくらいでしたか?

TOEICは450点くらいで、自分が伝えたいことも伝えられないし、何を言っているか聞き取れもしないレベルでした。もうすぐで2ヶ月になりますが、徐々に自分の伝えたいことをちょっとずつ話せるようになりました。

最初の頃は文法はバラバラで、単語もなかなか出てこなくて、「えーと」とか「あーと」とかずっと言ってましたが、今は日常会話は難なくできるようになりました。

— 伝えようとすることをしっかり言葉にできるようになった、その変化はいつ頃から感じられるようになりましたか?

最初の1ヶ月くらいは、「俺、全然変わってない」と焦っていましたが、1ヶ月過ぎたあたりから先生の言っていることが聞き取れるようになり、自分の言いたいことも徐々に話せるようになり、現地の人ともちょっとずつ会話ができ、友達もできました。

最初は「この文は間違っているんじゃ」と話すのに躊躇したりしていましたが、恥ずかしがらず、ミスを恐れず、能動的に英語を話すようになってから、変化を感じるようになりましたね。

もし間違っていても、先生がその度にしっかりと指摘し教えてくれるため、どんどん話すように挑戦していきました。

— 1日の勉強時間はどれくらいですか?

授業が7時間と、自習を3時間で1日10時間以上を目標に毎日勉強しています。最初はずっと基礎である中学の英文法と単語を主に勉強していましたが、今はTOEICの勉強にシフトしかけているところです。

トラブルに困惑しながらも、休日は楽しく息抜き

トラブルに困惑しながらも、休日は楽しく息抜き
— 食事についてはいかがですか?

ここの食事には満足しています。日本にいるときはフィリピンの食事の味に心配していましたが、毎日おいしく、たくさん食べています。

— フィリピンに来て、生活面で何か困ったことはありましたか?

いろいろありましたね。僕は2段ベッドの上段を使ってたんですけど、登ろうとしたときに階段ごとはずれて落っこちたり、白アリがベッドに大量発生したり。

あとは漏電ですね。シャワーを浴びようとしたら、シャワーヘッドでなくヒーターみたいなところのから出てきまして。なんでだろうと思って閉めようと思ったらビリビリ感電しました。

命に別状はなかったものの、死んだかと思いました。

— なんと、それは恐ろしいですね。休日はどのように過ごしていますか?

友達と海やモールへ出かけたり、近場でお酒を飲んだりしています。この間はスケートにも行ってきました。エスエムシーサイドというところにスケートリンクがあり、フィリピンでアイススケートができるんですよ。

すごく楽しかったです。あとは寝て、休息をとることが多いですね。

今後はインターンシップに挑戦

今後はインターンシップに挑戦
— 留学期間は残り1ヶ月半ですが、何か目標はありますか?

はじめの1ヶ月は外に出て行って、外国人の友達を作ったりしていました。しかし、残りの1ヶ月半は机と向かい合い、TOEICの勉強に力を入れようと思います。

— 留学後の予定についてお聞かせください。

今まだ申請途中ですが、語学学校のインターンシップを考えています。海外で働くという貴重な経験と、働く代わりに英語の勉強をさせてもらえることを考えたらインターンしかないなと。

— 今後はインターンシップに挑戦されるのですね。頑張ってくださいね。ありがとうございました。最後にこの学校の満足度を教えてください。

100点満点で評価するとしたら90点くらいです。環境、食事、先生や授業などとても満足しています。しかし、日本人が多いので自然と日本人と話す機会が多くなります。もっと四六時中英語を使ったらもっと効率的に英語力が伸びるのではないかと思います。

インタビュー後記

留学するつもりは全くなかったが、就職活動を通して考えが変わった前田さん。休学申請から留学までのスピード感から、英語の必要性を相当強く感じたことがわかりました。

3Dアカデミーでの自身の変化を感じ取り、留学後は同校でのインターンシップに申請。なにごとも前のめりに取り組むようすが刺激的なインタビューでした。

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧